エレキギター 初心者入門 基礎知識 ★エレキギター選びのポイント★

エレキギターを買う前にどのタイプのギターを買ったら良いのかお悩みの方は是非参考にしてみてくださいね。
楽器の写真をクリックするとギターの各タイプの特徴が見られます。

エレキギター ストラトキャスタータイプ エレキギター テレキャスタータイプ エレキギター レスポールタイプ エレキギター ディンキータイプ エレキギター SGタイプ
ストラトキャスター
タイプ
テレキャスター
タイプ
レスポール
タイプ
ディンキー
タイプ
SGタイプ

エレキギター ストラトキャスタータイプとは

■エレキギター ストラトキャスタータイプ 各パーツの名前と役割

エレキギター ストラトキャスタータイプ

@「ペグ」:弦を巻くパーツ。つまみを回してチューニングを合わせます。
A「ナット」:弦を乗せる上駒。
B「フィンガーボード(指板)」:音程を区切るフレットが打ち込まれています。
C「ピックガード」:ピッキングでボディを傷つけることを防止するためのプラスチックの板。ストラトの場合、ピックアップ、ボリューム類、スイッチや配線など電気部品をピックガードの裏側に固定する役割もあります。
D「ピックアップ」:ギターの弦振動を電気信号に変換するもの。上からフロント、センター、リア。ピックアップは位置によって音色が変わります。フロント側は甘い音色。リア側は堅めの音色になります。
E「ピックアップセレクター」:どのピックアップの音を出力するか選択するもの。
F「ボリュームコントロール」:ピックアップの出力をコントロールするノブ。
G「トーンコントロール(フロント)」:フロントピックアップのトーンをコントロールするノブ。
H「トーンコントロール(センター)」:センターピックアップのトーンをコントロールするノブ。
I「ジャック」:ギターの電気信号をアンプに出力するジャック。
J「ストラップピン」:ストラップを引っ掛けるピン。
K「トレモロユニット」:アームを使って音程を上げ下げするパーツ。ユニットにブリッジサドル(下駒)が搭載されていて、弦高調整、オクターブ調整ができます。

■エレキギター ストラトキャスタータイプの特徴

比較的ボディは軽量で、重量バランスも良く、持ちやすいギターです。サウンド的には搭載しているシングルコイル・ピックアップは高域がよく出てきらびやかな音色です。ピックアップは3つ搭載していますが、それぞれのピックアップを出力するだけでなく、フロント+センター、センター+リアというミックストーン(ハーフトーン)も出せます。また、トレモロアームが付いているので演奏に大胆な表現がつけられます。サウンドの幅が広いので、さまざまなジャンルで使用されています。

 
★店長セレクト★ ストラトキャスタータイプ エレキギター 初心者 入門セット >>
他にもたくさん揃えてます!

エレキギター テレキャスタータイプとは

■エレキギター テレキャスタータイプ 各パーツの名前と役割

エレキギター テレキャスタータイプ

@「ペグ」:弦を巻くパーツ。つまみを回してチューニングを合わせます。
A「ナット」:弦を乗せる上駒。
B「フィンガーボード(指板)」:音程を区切るフレットが打ち込まれています。
C「ピックガード」:ピッキングでボディを傷つけることを防止するためのプラスチックの板。
D「ピックアップ」:ギターの弦振動を電気信号に変換するもの。上からフロント、リア。
ピックアップは位置によって音色が変わります。フロント側は甘い音色。リア側は堅めの音色になります。
E「ピックアップセレクター」:どのピックアップの音を出力するか選択するもの。
F「ボリュームコントロール」:ピックアップの出力をコントロールするノブ。
G「トーンコントロール」:ピックアップのトーンをコントロールするノブ。
H「ジャック」:ギターの電気信号をアンプに出力するジャック。
I「ストラップピン」:ストラップを引っ掛けるピン。
J「ブリッジ」:プレート上部にはリアピックアップをマウントしています。下側にブリッジサドル(下駒)が乗せてあり、弦高調整、オクターブ調整ができます。

■エレキギター テレキャスタータイプの特徴

ストラトキャスターと同様に、比較的ボディは軽量で、重量バランスも良く、持ちやすいギターです。
サウンド的にはストラトキャスターよりさらに高音域が強調された感じで「ジャキーン」という歯切れのよい音色です。ピックアップは2つ搭載していますが、それぞれのピックアップを出力するだけでなく、フロント+リアというミックストーン(ハーフトーン)も出せます。
さまざまなジャンルで使用されているテレキャスターですが、バンドのフロントマンが使用する事が多いです。

 
★店長セレクト★ テレキャスタータイプ エレキギター 初心者 入門セット >>
他にもたくさん揃えてます!

エレキギター レスポールタイプとは

■エレキギター レスポールタイプ 各パーツの名前と役割

エレキギター レスポールタイプ

@「ペグ」:弦を巻くパーツ。つまみを回してチューニングを合わせます。
A「ナット」:弦を乗せる上駒。
B「フィンガーボード(指板)」:音程を区切るフレットが打ち込まれています。
C「ピックアップセレクター」:どのピックアップの音を出力するか選択するもの。
D「ピックガード」:ピッキングでボディを傷つけることを防止するためのプラスチックの板。
E「ピックアップ」:ギターの弦振動を電気信号に変換するもの。上からフロント、リア。
ピックアップは位置によって音色が変わります。フロント側は甘い音色。リア側は堅めの音色になります。
F「ボリュームコントロール(リア)」:リアピックアップの出力をコントロールするノブ。
G「ボリュームコントロール(フロント)」:フロントピックアップの出力をコントロールするノブ。
H「トーンコントロール(リア)」:リアピックアップのトーンをコントロールするノブ。
I「トーンコントロール(フロント)」:フロントピックアップのトーンをコントロールするノブ。
J「ジャック」:ギターの電気信号をアンプに出力するジャック。
K「ストラップピン」:ストラップを引っ掛けるピン。
L「ブリッジ」:両端のスタッドに付いてるサムナットを上下することで弦高調整ができ、ブリッジサドルでオクターブ調整ができます。
M「ストップテールピース」:弦を通して留めるパーツ。

■エレキギター レスポールタイプの特徴

ストラトキャスターと比べると、ボディは重いが、重量バランスは良く、スケールが短い(ミディアムスケール)ので割と弾きやすいギターです。サウンド的には太く、甘い音色。搭載しているハムバッキング・ピックアップはパワフルなサウンドで、シングルコイルに比べてノイズが少ないのも特徴です。ピックアップは2つ搭載していますが、それぞれのピックアップを出力するだけでなく、フロント+リアというミックストーン(ハーフトーン)も出せます。出力が大きいので歪んだサウンドを出しやすく、ストラトタイプより低音も出るので、ハードロックやメタル系、パンク系のバンドが使用する事が多いです。

 
★店長セレクト★ レスポールタイプ エレキギター 初心者 入門セット >>
他にもたくさん揃えてます!

エレキギター ディンキータイプとは

■エレキギター ディンキータイプ 各パーツの名前と役割

エレキギター ディンキータイプ

@「ペグ」:弦を巻くパーツ。つまみを回してチューニングを合わせます。
A「ナット」:弦を乗せる上駒。
B「フィンガーボード(指板)」:音程を区切るフレットが打ち込まれています。
C「ピックアップセレクター」:どのピックアップの音を出力するか選択するもの。
D「ピックアップ」:ギターの弦振動を電気信号に変換するもの。上からフロント、センター、リア。
ピックアップは位置によって音色が変わります。フロント・センターはシングルコイル。リアはハムバッキング。
E「ボリュームコントロール」:ピックアップの出力をコントロールするノブ。
F「トーンコントロール」:ピックアップのトーンをコントロールするノブ。
G「ジャック」:ギターの電気信号をアンプに出力するジャック。
H「ストラップピン」:ストラップを引っ掛けるピン。
I「トレモロユニット」:アームを使って音程を上げ下げするパーツ。ユニットにブリッジサドル(下駒)が搭載されていて、弦高調整、オクターブ調整ができます。

■エレキギター ディンキータイプの特徴

ボディは比較的軽く、重量バランスも良いので、弾きやすいギターです。
サウンド的にはシングルコイルを2基、ハムバッキングを1基搭載していますので、音色のバリエーションが多彩です。ピックアップは3つ搭載していますが、それぞれのピックアップを出力するだけでなく、フロント+センター、センター+リアというミックストーン(ハーフトーン)も出せます。
オールジャンルで使えるギターですが、フレットが24フレットあり、リアピックアップがハムバッキングで、アームも付いているので、メタル系のバンドが使用する事が多いです。


 
★店長セレクト★ ディンキータイプ エレキギター 初心者 入門セット >>
エレキギター入門セット 他にもたくさん揃えてます!⇒伊藤楽器オンラインショップへ

エレキギター SGタイプとは

■エレキギター SGタイプ 各パーツの名前と役割

エレキギター SGタイプ

@「ペグ」:弦を巻くパーツ。つまみを回してチューニングを合わせます。
A「ナット」:弦を乗せる上駒。
B「フィンガーボード(指板)」:音程を区切るフレットが打ち込まれています。
C「ピックアップセレクター」:どのピックアップの音を出力するか選択するもの。
D「ピックガード」:ピッキングでボディを傷つけることを防止するためのプラスチックの板。
E「ピックアップ」:ギターの弦振動を電気信号に変換するもの。上からフロント、リア。
ピックアップは位置によって音色が変わります。フロント側は甘い音色。リア側は堅めの音色になります。
F「ボリュームコントロール(リア)」:リアピックアップの出力をコントロールするノブ。
G「ボリュームコントロール(フロント)」:フロントピックアップの出力をコントロールするノブ。
H「トーンコントロール(リア)」:リアピックアップのトーンをコントロールするノブ。
I「トーンコントロール(フロント)」:フロントピックアップのトーンをコントロールするノブ。
J「ジャック」:ギターの電気信号をアンプに出力するジャック。
K「ストラップピン」:ストラップを引っ掛けるピン。上側はボディの裏側に付いてます。
L「ブリッジ」:両端のスタッドに付いてるサムナットを上下することで弦高調整ができ、ブリッジサドルでオクターブ調整ができます。
M「ストップテールピース」:弦を通して留めるパーツ。

■エレキギター SGタイプの特徴

他のギターに比べて、ボディは薄く、軽い。重量バランスは若干ネック側にありますが、スケールが短い(ミディアムスケール)のと、最終フレット位置まで左右にカッタウェイが入っているのでハイポジションが非常に弾きやすく全体的にはかなり弾きやすいギターです。サウンド的にはハムバッキング・ピックアップを搭載していますが、レスポールよりもクリアな音色。ピックアップは2つ搭載していますが、それぞれのピックアップを出力するだけでなく、フロント+リアというミックストーン(ハーフトーン)も出せます。出力が大きいので歪んだサウンドを出しやすく、ストラトタイプより低音も出るので、ハードロック系のバンドが使用する事が多いです。


 
★店長セレクト★ SGタイプ エレキギター 初心者 入門セット >>
エレキギター入門セット 他にもたくさん揃えてます!⇒伊藤楽器オンラインショップへ


お問い合わせ先

伊藤楽器 ミュージックバンク船橋  TEL 047-460-2001 千葉県船橋市本町4-44-25 ルネライラタワー1F 伊藤楽器 MB船橋